セミナー・イベント

第8期みさと経営大学開講のお知らせ

セミナー・イベント サンプル画像
開催日時・場所 平成30年11月2日(金)
18時30分~21時00分
※18時より受付開始

場所:三郷市商工会館 2階 会議室
定員 30名(先着順)
費用 無料
お問い合わせ先 三郷市商工会
〒341-0041 埼玉県三郷市 花和田650-4
TEL:048-952-1231
FAX:048-952-3432
会社が儲かるヒントを修得をする建設部会主管「みさと経営大学」。
今回は3部構成で政府の発行の小規模企業白書とその事例を学びます。

1部:小規模企業白書に学ぶ中小零細企業の生き残りのヒント
   講師:㈱サラドゥ代表取締役    中小企業診断士  佐良土 励氏

2部:小規模企業白書掲載企業によるクラウドファンディング活用事例紹介
   講師:武田食品冷凍㈱代表取締役 武田 康平氏

3部:佐良土氏と武田氏による対談

2018年版「小規模企業白書」説明(出典 中小企業庁HP)
2018年版小規模企業白書では、アンケート調査結果に併せて、生産性向上に取り組む小規模事業者の事例を豊富に紹介しています。下記のポイントを中心に、小規模事業者に生産性向上に向けたヒントを提供することを目指す実践的な白書としました。

第1部では、最近の小規模事業者の動向について、経常利益が回復基調にあるなど、改善傾向にある小規模事業者の景況等を示しました。

第2部では、人手不足の現状を分析した上で、小規模事業者の生産性向上に向けた取組について分析を行いました。具体的には、業務の見直し、IT利活用、設備投資、企業間連携等について分析しました。人手不足を背景に、小規模事業者では経営者に業務が集中しており、未だに紙ベースでの処理が多い間接業務のIT化を進めること等を通じて、経営者が付加価値向上に資する業務に集中する必要性等について分析しました。また、小規模事業者においては、ちょっとした工夫によって大幅な売上向上につながること等を取組事例によって紹介しました。

第3部では、地域課題に対応しながら成長する小規模事業者やいわゆるフリーランス等の「新しい働き方」としての小規模事業者について事例を取り上げました。また、小規模事業者が生産性向上を図る上で、支援機関による伴走型支援や支援機関間の連携が重要であり、そうした動きについても事例を紹介しました。

開催案内・申込書のダウンロードはこちら