トピックス

持続化補助金 <低感染リスク型ビジネス枠>について

小規模事業者が経営計画及び補助事業計画を作成して取り組む、感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組を支援するものです。

 

詳しくは

令和2年度第3次補正予算小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

をご覧ください。

 

<補助対象者>

●小規模事業者であること

商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(小規模事業者支援法)に基づき、業種ごとに従業員数で小規模事業者であるか否かを判断しています。

商業・サービス業(宿泊業・娯楽業除く) 常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

※ 小規模事業者支援法では、業種ごとに従業員数で小規模事業者であるか否かを判断しています。
※ 詳細は「公募要領」をご確認ください。

 

<補助金額等>

  • 補助上限:100万円
  • 補 助 率:3/4
  • 感染防止対策費については、補助金総額の1/4(最大25万円)を上限に補助対象経費に計上することが可能です(緊急事態宣言の再発令による特別措置を適用する事業者は政策加点の他、補助金額総額の1/2(最大50万円)に上限を引上げ)。

※  緊急事態宣言再発令による特別措置の適用対象者

  • 緊急事態宣言の再発令によって2021年1月~3月のいずれかの月の売上高が、対前年または前々年の同月比で30%以上減少している事業者
  • 2021年1月8日以降に発生し発注・契約・納品・支払い・使用が行われた経費について遡及適用が可能です。

 

<公募スケジュール>

公募要領公表 :2021年3月31日(水)

第1回受付締切:2021年  5月12日(水)
第2回受付締切:2021年  7月  7日(水)
第3回受付締切:2021年  9月  8日(水)
第4回受付締切:2021年11月10日(水)
第5回受付締切:2022年  1月12日(水)
第6回受付締切:2022年  3月  9日(水)

 

<申請方法>

申請は、電子申請システム(jGrants)でのみ受け付けます。入力については、申請者自身が、電子申請 システム操作マニュアルに従って作業してください。入力情報については、必ず、申請者自身がその内容を理解、確認してください。
JGrantsのホームページは右記URLとなります。https://jgrants.go.jp
本補助金の申請には、「GビスIDプライムアカウント」の取得が必要です。
(上記URLよりご参照ください)。

 

<公募要領>

こちらをご覧ください。
公募要領            参考資料

 

<お問合せ>

個別のお問い合わせにつきましては、補助金事務局が4月中に開設する予定のコールセンターで対応させていただきますが、開設されるまでの間は、独立行政法人中小企業基盤整備機構生産性革命推進事業室コールセンターにお問い合わせください。

独立行政法人中小企業基盤整備機構生産性革命推進事業室コールセンター
TEL:03-6837-5929(受付時間:9:00~18:00、土日祝日除く)

また、本事業に関する御質問等については、以下に掲載されているWeb質問フォームより受け付けております。個別にお返事することは控えさせていただきますが、よくあるご質問については、補助金事務局にてQ&Aとして作成・公表いたします。

持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠> 質問フォーム